倉庫の申し込みが簡単【利用したいところを探そう】

記事一覧

関西地方の倉庫レンタル

作業員

倉庫を選ぶ基準とは

地価や不動産価値の乱高下リスクを避ける目的で、貸倉庫の需要が高まっています。貸倉庫と言っても、個人世帯の物置として使用するタイプの鉄道コンテナを改修したタイプのものから、建屋タイプのものまで規模はさまざまです。もちろん建屋タイプのものは賃料も高いため、なるべく安く済むようにしたいものですが、では、貸倉庫の賃料が安くなるケースとはどのようなものでしょうか。賃料のポイントは、第一に貸倉庫そのものの所在地でしょう。いわゆる路線価、つまり土地所有者の固定資産税が高くつく所在地は一般的に賃料が高くなる傾向にあります。大阪市内であれば、梅田、難波、天王寺の繁華街付近は地価が高いこともあり貸倉庫の賃料もその分高くつきます。どうしてもこの付近に借りなければならない事情がない限りは、こうしたエリアは賃料の点から見ると控えた方がよいかもしれません。しかし、路線価が高いとはすなわち人やモノの流動性が高いことを意味しています。即時性が求められる場合は、多少の賃料の高さに目を瞑ってでも便利な場所に貸倉庫を借りた方がビジネスへの利便性が高いです。第二のポイントは、自動車等でのアクセスのよさです。これは特に機械や大型荷物など、場所を取る上に搬出に大型トラックなどが必要になるものを保管する際に考慮すべき点です。大阪市内であれば此花区などの海浜地区、あるいは東大阪市や高槻市など、市街地から離れると賃料はその分安くなりますが、そこへ行くまでの道路状況などを気にしなければなりません。また、倉庫周辺の住宅状況・道路状況によっては事前に住民への周知、交通整理などが必要となるケースもあるため一考すべきでしょう。大阪の場合、高速道路や自動車専用道の関係で、路線価以上に倉庫価値が上がっている可能性があります。貸倉庫に預ける積み荷、周辺状況の精査を行ってからレンタル先を決めるのが賢明でしょう。

Copyright© 2018 倉庫の申し込みが簡単【利用したいところを探そう】 All Rights Reserved.